Archives December 2014

«Prev || 1 || Next»

2014-12-02

Amazon APIのコード

このブログを数年放っておいた間にAmazon Web Services(Product Advertising API)の仕様が変わっていたのでサイドバーのコードも書き直しました。

ファイルセットは下記の通り
・amazonapi.php(基底クラス)
・myamazon.php(継承クラス)
・test_myama.php(テストページ)
・adv.css(テストページのCSS)
・cache(キャッシュフォルダ)

AWSから取得したXMLはキーワードやASINコードのMD5ファイル名でキャッシュしますので、キャッシュフォルダには書き込み権限を与えます(chmodで755や777に)、キャッシュはcronなどで24時間で消すようにします。

継承クラスMyAmazonの下記の3行は自分のAccess Key ID、Secret Access Key、アソシエイトIDにします。(myamazon.phpの8〜10行目)

        // AWS user configurations
        protected       $AccessKeyId = '****************';
        protected       $SecretAccessKey = '****************';
        protected       $AssociateTag = '********';
 

デモページではテストなのでxml->Items->Item->EditorialReviews->EditorialReview->Contentを参照して商品説明を表示させていますが、商品説明にはタグの整合性がとれていないアイテムがたまにありますので、通常はResponseGroupはImages,ItemAttributesでの参照になると思います。
ソースにはコメントで入れてあります。(myamazon.phpの33〜34行と57〜58行)
Images,ItemAttributesの方が1アイテムあたりのキャッシュサイズも1Kbyte程度小さくて済みます。

'ResponseGroup' => 'Medium',
// 'ResponseGroup' => 'Images,ItemAttributes',
 


この記事についたタグ【

14:30:15 | tsuka | 日常 | 0 TrackBacks | 0 comments | Permalink

«Prev || 1 || Next»

Back to Top