検索エンジンから来て目当ての記事が見つからない場合は右の窓で検索してみてください>    
«Prev || 1 || Next»

>>昔の千里浜

'99 12. 8

大掃除をしていたら昔の写真が出てきた、オートデートのタイムスタンプを見ると1999年のだ。

20071210
その頃よく使っていた防水のCanonのコンパクトカメラだったと思う。当然、今みたいにまだデジカメとかそんなに普及していなかった頃で、フイルムカメラで三脚に立ててセルフタイマーで撮った。セルフをオンしてピコピコピコって言ってる間に、いそいでターンしてきてカメラのすぐわきを通過。
バイクはその頃よく乗っていたジェベル200。赤いのは自家塗(笑)

ピンで壁に貼っていたことがあったので、真ん中に穴があいてる。プリントがあたり前のときはこういうつかい方自然にしてたんだな。

探していたときはみつからなかったのに。掃除とかでみつかるとは。
本サイトのコレの写真だ。

この記事についたタグ【 /

その他(近況など) | posted 2007-12-11 at 05:12:40 | Permalink

さようならこんにちは、そしてまたさようならジェベル200

10年以上乗ってきたジェベル200、すこしまえになりますが今度こそナンバー返納してきました。ちゃんと陸運行って手続きしてきましたので、これでもう税金の書類も来ないはず。
少しさびしいですが、今は家でカバーの下でおねんねしています。

次のセカンドバイクはまだ検討中です。

最近またチャリが気持ちいいんで、マウンバ(死語)で十分かなぁとか思うし。また昔みたいに称名滝とか県境を巡ってみるかなぁ…とか思ったりしとります。

ブツブツ…
セカンドバイクに中古のジェベル125も捨てがたいんですが…部品流用できそうだし…
なにせ200でサイズが小さすぎた感が否めないんで、次に乗るならもう少しだけ大きいのがいいしなぁ…
ブツブツ…

とりあえず、しばらくバイクはVFR800オンリーです。

以下、昔ジェベル200で遊んだ記事とか。
コラム第39回 今年で最後の乗鞍スカイラインを行く
コラム第26回 森林浴(こんときのオレほっせー 笑)
コラム第4回 DIRT RUN

この記事についたタグ【 /

ジェベルのメンテ話 | posted 2007-05-27 at 00:50:47 | Permalink

ジェベルのミラーかえた。

20060919c
表。
20060919b
裏。

ジェベルは純正ミラーを割ってから、昔乗ってたバンディットのミラーをつけたんですけど、カタカタ音がするんでいじっていたら鏡面にパッキリとヒビがはいりまして…。
今は動かしていないサベージのミラーとかつけてみてたんですが、なんだか重いしゴツイので社外品のを買ってきた。

左右用でふたつ買ったんですが、ひとつは稼働部が固着してた。CRCでプシュっとしといたら、なんか樹脂(グリス?)が固まったのようなものがポロっと出てきた。動くようになったんでシリコンスプレーしといた。

20060919d
ハンドルまわりが軽くなっていい感じです。

NAPOLEONのRADICALミラー。
サイズは、ネジ径が10mmのAU-101-10の方。


購入の際はサイズに注意!、ネジ径10mmがAU-101-10、8mmがAU-101-8です。
楽天市場→ナポレオン:ラジカルミラー / クロームメッキ
ウェビック→タナックス/ナポレオン ラジカルミラー (左右共通) 、(その他のナポレオンミラー

この記事についたタグ【 /

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-09-19 at 17:07:41 | Permalink

ジェベルに箱

うっかり出先で買い物をすると白い袋をぶら下げたり、ポケットをパンパカリンに膨らませて走ったりすることになるんで。つけました。箱。
昔はどこ行くにもデイバック背負ってたのに、最近はあまりバックを使ってないせいもある。
20060917f1
とりあえずホームセンター行ってTOBASUのボックスとか見てたんですが、値段は4千円くらいから、見本があったので手にとってみると案外重い。まぁ、頑丈なんだからそりゃそうですけど。あと改造しにくそうとか、バイク以外で流用がきかなさそうとか、嫌な予感とか(なんだそりゃ)、いろいろ思うところあって結局バイク用のはヤメにした。

汎用の箱で千円くらいから、まぁ、そこそこの強度しかないですけど、加工しやすそうなの箱がいくつかあったので、そっちを使ってみることに。

箱の滑り止めにとゴム板や硬めのスポンジをいくつか手にとってみると、溝のついたゴム板と硬いスポンジが摩擦係数高そうだった。
あとは固定用の金具…、と思って箱を見るとプラケースでヤワなのでゴムバンド固定に変更。
20060917d1
結局買ったものは、ボックス、硬めのスポンジ板、溝のついたゴム板、チューブゴム。全部で三千円くらい。まぁ、まぁかな。

20060917c1
箱の裏には、硬めのスポンジを貼って滑り止めに。スポンジが四隅の足よりちょっと薄いくらいだから地面に置いたときは、スポンジではなく箱の足がつく。
20060917c2
シートに固定するならこれだけでもよさそう。接着にはセメダインXを使って、補強に周囲をグルーガンで適当に埋めておいた。
20060917e1
あと蓋が飛ばないように固定する鍵穴を開けた。
20060917e2

20060917b1
ボックスの中身が軽いときくらいは、箱をシートより後ろに載せたいからと、滑り止め用にテールカウルの上にゴム板を固定した。まぁ、ボロいバイクなんで、新品のバイクにはおすすめしません。
20060917b2
耐水ペーパー(荒目)をかけて。。。
20060917b3
ゴム板を適当なサイズに切って接着。
20060917b4
これでシートが狭く感じることない。

20060917d2
翌日〜。ボックスを載せてみる。スポンジがゴムにくいついてズレないのを確認。
20060917d3
ゴムバンドでしっかり縛って固定。
20060917d4
ゴムバンドは一応2本がけ。

20060917a
ゆっさゆっさ揺らしても結構頑丈。買い物がてら大沢野の風の城まで、裏道をトコトコと走ってきた。

20060917g1
脱落防止の両サイドのワイヤ。
20060917g2
ちょっと長いんで這わし方検討中。


あちこち行くのにけっこう便利になりました。

この記事についたタグ【 / /

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-09-17 at 08:41:31 | Permalink

補充電

連日の仕事疲れと睡眠不足でちょいボ〜ッとしてます。

20060903a
えー。仕事が忙しくなってきて、またまた仕事場に放置状態になってきたジェベル200。普段から近所行くときしか乗らないような、バッテリーにとってはとっても「いや〜ん」な状態なんで、ちょっと気づかってテスターでチェック。電圧を計ると12.9V〜12.3Vあるんで、まぁ大丈夫っぽい。
ただ、このまま仕事でしばらく乗れなかったら…、なので補充電しておくことにした。

20060903b
写真のオレンジ色のケーブルは延長コードです。3〜4メートルくらいのがあるとなにかと便利。事務所のPCの電源タップから、充電器のとこまで電気をもってきて。前回までに作った補充電用ケーブルを、充電器のクリップにつないで充電開始。
ちょっと2時間ほどそのあたりを走ってこれればいいんだが、そういうわけにもいかないしな。

充電後、前にバッテリーあがった原因がオルタネータとかにあると嫌なんで、始動時の電圧も一応チェックしてみた。

キーOFF時(13.5V〜13.2V)→キーON(ライトON)時(12.7V)→セルON時(11.5V)→アイドリング時(13.2V〜13.8V)→アクセルあおってる時(13.9V〜14.9V)→キーOFF時(13.2V)

アクセルをあおっても15V以上とかならないし、レギュレーターも正常みたいだ。バッテリーあがりは単純に俺の乗り方ですね。アチャー(ノД`)ヽ
次からジェベルに乗るときは、今よりもうちょっとお散歩してやらねば。

20060903c

>充電器についてはここにも書いてます

この記事についたタグ【 / /

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-09-02 at 17:12:15 | Permalink

ジェベル|バッテリー取り出し線 - その3

20060830a
仕事が一段落したので、昨日買ってきた洗濯バサミよりちょっと小さいくらいのクリップをつけてみた。コードをむいてクリップの端に電工ペンチでカシめて出来上がり。なんかふつうのブースターケーブルのちっちゃいのみたいになった。ショートの危険も増えそうなんで、バイク側コードにヒューズをつけることに。ついでに少し使い勝手を考えて、コードを延長してシート外さなくても使えるようにしようと思う。それにしても、もしものための緊急用のはずだったんだが、なんだかだんだん大仰になってきてる気が…。
バイク側の写真とったら、そのうちまたアップします。

20060830b
最後は念のためテスターで導通テスト。
テスターは写真のみたいな安物を一個持ってると便利です。
デジタル式で3000円くらいだったと思う。アナログ式のも持ってるけど数万するんで、あんまりちょくちょくは使ってません (・ω・`;)基盤使ってなんか作るときくらいです。貧乏性だな。
20060830c
ジップロックにしまったとこ。なんか、ちょっとかさばるようになってしまった。
これじゃ車載工具と一緒に入れるとキッチキチ。
なのでジェベルの後ろに小さいボックスつけようか考え中。ああ、またなんか泥沼に…。

この記事についたタグ【 /

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-08-30 at 11:19:25 | Permalink

ヤッちゃいました(ジェベル|バッテリー取り出し線 - その2)

またもや、しばらく乗ってやってなかったジェベル。
バッテリーあげてしまわないようにちょっと乗っておこうと、仕事の息抜きに…

ガシュガシュガシュ
ガシュガシュガシュ
「おぉ、まだセルまわった。よかった。よかった。」
ガシュガシュガシュガシュガシュガシュ
「れ?」
ガシュガシュガシュガシュガシュガシュ
ガッシュ…ガッシュ…ンガッ…
「う…」


エンジンが始動しないまま、あっ、と気づいたときには、セルモーターの音がひ弱に…。

下を見ると、ガソリンコックをOFFにしたままでした。
ついでにライトはHIビームになってました。

ヤッちゃいました。バッテリーあげちゃった。

曇り空だし押しがけしてもよかったんですが、せっかくこのまえこういう時のために(笑)バッテリーに電源取出し線をつけたので、それを使って車のバッテリーから電気とって始動することにしました。
20060828a
バイク側です。
補足すると、白くみえるとこがコネクタでここから自動車側の線は車載工具といっしょに入れて持ち歩いています。その線のプラスとマイナスを自動車のバッテリーにつなぐんであります。

20060828b
車側です。

で、実際に使ってみたら、プラスとマイナスにそれぞれ線をくっつけたら両手ふさがりました。あたりまえですが。
しかたないのでプラス側はバッテリーのプラス端子についてる赤いカバーで押さえました。マイナスは手で持つしかないんでバイクを近くへ持ってきて…。左手でセルボタンをポチっ。おぉ、一瞬でエンジンかかりました。よかった、よかった。

20060828d
やっぱワニぐちクリップつけてあった方が便利かなと、その足で無線パーツ(パソコン村,富山店2F ココよん)へ行って二種類ほど買ってきました。仕事終わったらつけてみます、ワニグチクリップ。

20060828e
左のが一個79円で下のが116円。全部で390円。


20060828c
こんな感じになる予定。(白いコネクタはバイクにつけた取出し線に接続するところです。)

この記事についたタグ【

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-08-28 at 16:53:01 | Permalink

ジェベル バッテリー取り出し線

ジェベルのバッテリーあげてしまいました。
2週間ほどかな、乗らなかったらセルの音がひ弱に…。ガッシュ…ガッシュ…、これじゃかからん。
いつもみたく押しがけしてたら、暑くて汗がふきだしてきたんで、結局バッテリーをおろして補充電しました。相変わらずバッテリーまわりが狭くてつけたり外したりが面倒だったので、電源端子から取り出し線というか補充電用のケーブルをつけました。

20060817a
<1>車内側の配線(上)と充電時にのみ接続して使う配線(下)、適当に手もとにあったコネクタで作ってみてるとこ。これにヒューズをかましたり、絶縁用のテーピングしたりしてつけてみた。

20060817b
<2>車体側からの配線。

20060817c
<3>充電のときはこのように端子のついたコネクタを延長コードのように差します、今んとこ補助的に使うだけなので線はあまり太くしない。端子はプラスとマイナスそれぞれショートしないように長さ変えてる。

20060817d
<4>使用例、こんな感じで使うことも…でも使わないことを祈ります。

20060817e
<5>シート下にこんな感じで防水してしまってあります。

関連する商品:
エーモン(端子、配線、ヒューズなど)

この記事についたタグ【 / / /

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-08-06 at 12:12:00 | Permalink

ジェベル200のキャリパー清掃


ブレーキパッドの慣らしというかアタリもでたので、気になってたダストを清掃します。
外し方はパッド交換のときと一緒。
キャリパー外したら、パッドをとめているネジのゆるみ止めをはずしてネジをはずす。


ブレーキレバーを何度か握ってみると、ピストンがせり出してきます。汚ねい〜。


じゃぶじゃぶ。
中性洗剤をうすめた水で洗う。
(バケツが他のことに使われていたんで、円筒状のCD-Rのフタをバケツのかわりに使ってみたら快適だった。フタに水入れて台所の洗剤をたらす。それと使いふるしの歯ブラシ。ちっちゃくて掃除しやすかった。)


水ですすいで。


綺麗になった。

パッドも軽く洗って、変なキズとかがないか確認。


きれいに拭く。
フルード漏れとかもないようです。


ピストンを押し戻します。
車種にもよるんでなんとも言えませんが、ドライバーやレンチをテコにつかってもなんとかなります。
面倒な人はクランプとか小型の万力みたいながあると便利です。いずれにせよ丁寧にゆっくりやれば問題はおきにくい。
(写真はブレーキパッドをあてて小さい万力みたいので挟んでます。)


クルクルクル
グニ〜



グニ〜


このへんでよかろう。
パッドをはめて、ネジでとめます。


パッドをとめてるボルトのゆるみ止めをとめる。


で、とりつけ。
綺麗になりました。

洗浄した後のパッドの効きは気持ちいい〜。

この記事についたタグ【 /

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-07-14 at 22:17:00 | Permalink

ジェベル200のチェーンの調整と掃除

2006071400s

ジェベルのチェーン。
油さして走ってるうちにだいぶ綺麗になってきた。そういえばチェーンが軽く動くようになってきたら、チェーンの遊びが気になってきた。ようはアクセルのつきと挙動がズレるので乗りにくくなってきたのだ。なので、それも調整することに。
下に見えるのはチャリンコ用の油差し、中身はただのエンジンオイルです。

2006071401s

で、ジャッキアップ。ただの軽四の車載のジャッキです。

やはり後輪は浮かせた方がチェーンの掃除は楽。

2006071402s

ジャッキアップのときは前輪が前へいっちゃわないように。車止めとかなんかにつっかえさせておく。

2006071403s

チェーンの張りの調整は、こっちと、

2006071404s
こっちをゆるめておく。
数字の入ってる勾玉状の板をまわします。固い場合はえいっと後ろのでっぱりを軽く踏んづけると、カチンとまわる。
チェーンはサスが沈んだところで余裕がないと、スプロケやシャフトがダメになるので貼り過ぎないように注意。昔、中古で買ったバイクで、スプロケが歪んでミッション側のシャフトまで削れているのがあった。案の定チェーンがパッツンパッツンに張ってあって。まぁ、そんなヒドイのを見たのはそのときが最初で最後だったけど。

2006071405s
なんかブレーキペダルが下に感じたので、ペダルを若干上へあげるように調整した。
やり方は、まぁ、見たまんまなんで分かると思いますけど、ストッパーになってるボルトの根元のナットをゆるめて、ボルトをペダルがちょうどいい位置になるようにまわして、あとはナットを締めておしまい。

2006071406s

リアも遊びが多いようだったので多少締める。

チェーンの遊びがなくなってドンツキみたいな状態がなくなって乗りやすくなった。

この記事についたタグ【 /

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-07-14 at 18:24:00 | Permalink

ジェベル200のブレーキパッド交換

トコトコと走っていて…、フト、下を見ると。
ありゃりゃ。

2006071300s

フロントのブレーキパッド、もうあんましないですね。交換します。

2006071301s

フロントフォークにネジふたつでついてますんで、これをはずします。ネジが固い場合は、持ち手の長いレンチか、T型の持ち手のレンチでゆるめるといいです。

2006071302s

パッドは裏からのボルトでとまっている。
一旦はずしてネジのゆるみどめをマイナスドライバーでひらいて、再度とりつけてゆるめると楽でした。

2006071303s

パッドを新しいのにかえます。

2006071304s

左が古いパッドで、右が新しいのです。

2006071305s

この金属の板は再利用する。

2006071306s

パッドの角だけ少し削った。

2006071307s

新しいのをつけてみたとこ。
パッドの厚みの分だけ間が狭くなるので、このままだとディスクが入らない。

2006071308s

ピストンを少し押し戻す。

しかし、きたないな…。ピストンまわりだけ少しきれいにして、あとは今度、掃除することにします。

レンチをテコに入れて少し押し戻したとこ。

2006071309s

こんだけ隙間があけばディスクが入りそうなんでいいか。
取り付けは外すときの逆。

2006071310s

フルード液を足してある場合は、ピストン押し戻すときにフルードの蓋、あけておいた方がいいかも。フルードもそのうち交換だな。フルード液はまわりにたれないようにボロ布とかキムタオルでもまいておく。ダイアフラムはまだ平気そう。

パッドは新品だと効かないんで、しばらく慣らしが必要。普通に走ってブレーキかけて、しっかりゴー&ストップしてれば効くようになる。

この記事についたタグ【 /

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-07-14 at 11:36:00 | Permalink

ジェベル200

20060710as

2年前ほどになるのかな、しばらく乗らないからと、キャブから燃料を抜きバッテリもはずして、燃料タンクも空にして錆び止めだけして、カバーかけて外にほっておいたんですが。

返納届けを出しに行く時間がとれずに(時間できたらバイクでどっか行ってしまうからいけないんですが)、毎年税金が来る。で、魔がさしたというか、プチメンテして乗ることにしました。


20060710xs
20060710ys


結局バッテリー交換だけで動いたんですが、その前にキャブをあけていたので、クリーナーで掃除しました。オイルを交換するついでに、オイルフィルターも交換して、エアフィルターも洗ってやったら調子いいです。

丈夫なバイクですね。


20060710bs20060710es20060710cs20060710ds
簡単な構造なんで写真にとるまでもないと思うんですが、オイルフィルターはこんな感じです。車体側面にナット3つでフタがついてるんで、外して中のフィルターを交換します。ネジが固い場合とかはT型の取っ手がつくソケットレンチがなめにくくていいと思います。
20060710b2s20060710b3s
ドレンボルトはむかって右の下へでっぱってる方です。ワッシャも新品にかえます。レンチは長いのがあると楽です。

廃オイルはバットでうけて上澄みはチェーンかなんかふくのに使った、チェーンはさすがに古いルブが固着してドロドロで。まぁ、小さいバイクだしエンジンオイルでもさしながら走ってれば、そのうち綺麗になるでしょう。

20060710fs20060710gs20060710is20060710js20060710ks

20060710hs
満タンにして少しテストに全開走行してみたら、燃料タンクのコックから少しガソリンしみ出してきました。増し締めではとまらないようなんでタンクを下ろしてみてみました。タンクとコックの接合部からしみてました。はずしてみるとゴムのガスケットがちょっとヘタり気味みたいでした。ゴムのりでは心もとないし、なんかパーツを注文する気にもならなかったので、液体ガスケットを用品店に探しに行ってみた。耐ガソリン性が高いって書いてあるのがあったので試してみた(ガスケットの詳細はこちら:【430】デイトナ Permatexモトシール1(耐ガソリン液状ガスケット) 40366。思ったより粘度が低く垂れ気味で、ちょっとつけすぎたのでなおさら汚らしくなってしまった…。つけすぎなので二日乾燥させておきました。取り説には24時間で良いと書いてあった。
ガソリンコックそのものは綺麗だったんで分解ついでに綺麗にみがいて、パッキン?みたいのにはラバーコンタクトスプレーをしゅーしておいた。

あと任意保険が某保険会社だったんで、業務停止の関係とかでこれが一番時間かかりました。

現在は好調に小さいタペット音をカタカタさせながら走っております。

この記事についたタグ【 /

ジェベルのメンテ話 | posted 2006-07-10 at 22:05:44 | Permalink

«Prev || 1 || Next»

Back to Top