検索エンジンから来て目当ての記事が見つからない場合は右の窓で検索してみてください>    

ショーライバッテリーを充電してみました(SHORAIバッテリー【その5】)

バイク。。。また一ヶ月ほど放置ってしまったのぉ。。 (;  ̄(工) ̄)y-~ヤレヤレ

時間経つの早すぎ。

ちょっと計ってみる。13Vちょい。

ほぉ〜OKじゃないですか。

夏にも一ヶ月乗らない時あったけど、電圧の下がり具合は、あんときとおんなじくらいかな。俺のVFRだと一ヶ月放置は全然問題ないんだな。

さて、でも今日は乗れないので充電器のお世話になります。

ジャーン。

そうです。バッテリーテンダーさん(充電器)です。

SHORAIバッテリー思いのほか気に入りまして、充電器を導入してみました。

まずバッテリーにケーブルを接続します。

端子のドッキングだけなので、+ーの極性を間違えるわけもなく、サクサクと繋げます。
 
樹脂性のフタを爪でパクンと開きます。
ここへケーブルのバッテリー側への端子を差し込みます。(To_batteeryと書いてある方)

端子は後で爪をひっかけて外せるくらいまでだけ入る感じ。(ザクっと奥まで入ったら外すの大変だなと思ったけど、そういう作りではなかった。)

これが先端のキャップ、これを外してバッテリー側と繋ぐ。

このケーブルは充電器側の端子にキャップがついているので、冬の間とかはこれ差しっぱなしにしておいても良さそう。

ただVFRのバッテリーの場合は、ちょうどバッテリーを抑える金具の位置がど真ん中なので、ちょびっとコードに当たる位置なんだよね。。。

ほんとに軽くあたるくらいなので問題なさそうなんだけど、僕は気にしぃなので充電が済んだら外しといた。

バッテリーの搭載位置が、手の届きにくい面倒な位置にある人には便利だろうな、この付属の延長ケーブル。


充電器にコードを繋ぐとビープ音が鳴り、黄色と緑色の左右のLEDランプが点灯します。
これで充電準備OK。


CHARGEボタンを押す。黄色のLEDは消灯して右の緑色のLEDが点滅を始めます。
この緑色点滅状態が充電中。


終わるとピッピッピッピとブザーでお知らせしてくれます。

片付けをしないといけないので吊り下げたままで作業です。



2時間ほどしたところで、ピッピッピッピッピ。
充電完了のアラームが鳴って、充電終了をお知らせしてくれます。


見ると緑色のLEDが点滅から点灯に変わっています。
この状態が充電完了。ホォ〜。

CHARGEボタンを再び押して終了します。

黄色と緑色が点灯しました。最初の準備OKの状態ですね。
これでバイクから充電器を外します。

一応、計ってみました。
14Vくらいだね。オケオケ。


もうちょいで終わるからな、時間できたら乗るからな。機嫌損ねないで待っててなVFR ( ̄(工) ̄)ノ■))ブンブン
今年はあんまし乗れなかったから、その分も冬乗るのだ。

あんまり放置すっとタイヤやエンジンの中が不安になってくるわw

p.s.
この充電器をひっくりかえすと、裏に折りたたみ式のフックがついている。

説明書に「どっかに引っ掛ける時はこのフックでひっかけろ便利だよ」とある。そうだよねコードにテンションかけるのよくないよね、でもついコードでひっかけそうになるよね。このフックは便利だった、分かってらっしゃる ( ̄(工) ̄)

なんかひっくり返して見てたらムシューダに見えてきた。。。


ブログ内の関連記事:

その他の関連記事:

この記事についたタグ【】

posted at 22:22:00 on 2012-11-10 by tsuka | Category: VFRのメンテ話

ブログ内の関連記事

Comments

Comment Form




プレビュー
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Back to Top