検索エンジンから来て目当ての記事が見つからない場合は右の窓で検索してみてください>    

Archives November 2006

«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

ソロツーの道具 - その5 冬の装備

冬に寒いと感じることはあんまりないです。

最近はそのくらい着こんでるんだと思います。
東京からこっちにきた頃は革ジャンに革パンで乗っていて、寒くて死ぬんじゃないかと思っ…。って、そんくらい寒い格好でした。シングルの革ジャンは丸首で丈の短いやつで、下にフリース着ようが隙間風でどうしようもなかった。ジッパー部分にガムテープを貼ったり、ホッカイロを中に貼ったこともあります。上から雨合羽着てもぜんぜんダメ。今だとどうしてそんな格好で走ってたのかと思うけど、当時としてはせいいっぱい。
今はいろいろ試行錯誤して下のような格好になってます。カイロなしでもぜんぜん温かいです。

20061130a20061130b20061130c20061130d

下半身の服装。靴下、インナー、ウインドブレーカーのパンツ、オーバーパンツ。(下着は撮影してないけどちゃんと着てますヨ)
靴下はスキー用のウールやブレスサーモの物。土踏まずから甲にかけての周りが少しきつくなっていて、ブーツの中で靴下がずれたりしにくいのを愛用してる。
インナーはスキー用やバイク用のを3つほど持っていて、この時期にバイク乗るときの必需品。
ウインドブレーカーのパンツ。裏起毛で保温性が高いもの。ここまででもうだいぶ温かくなる。このかわりにジーンズを履く事もあるけど、上にオーバーパンツを履くので昼間とかだとちょっと暑すぎになる。
で、きわめつけのオーバーパンツ。これが暑い。中綿が入っていて防水仕様。インナー、ジーンズ、オーバーパンツの組み合わせだと俺は汗かけます。サイズはM。下にウインドブレーカーのパンツくらいでもバタつかなくていい。最近、俺がふくらんだのかジーンズの上に履くとちょっときつめだ。ファスナーが両サイドについていてブーツをはいたまま履けるのがすごく便利。外出先で脱いだりすることが多いので楽。メーカーはバギー。

20061130e20061130f20061130g

上半身の服装。長袖Tシャツ(写真なし)、薄手のセーター、ウインドブレーカー、ジャケット。
セーターはフリースを着るときもあります。ただ動いてるとやっぱ暑すぎになるので、このくらいがいい。
ウインドブレーカーの上着、ウインドブレーカーのパンツと同じ裏起毛のある物。真冬とか寒い日用。最近本栖湖へ行ったときはわりと暖かかったので、セーターとジャケットのみ。バイクの防風性能にもよると思うけど、VFRでたまにぬゆわ出すくらいでは下にウインドブレーカーまで着ることは少ない。
ジャケットもオーバーパンツ同様中綿入りで暖かいやつ。南海ファルコのです。防風性も高いし、防水仕様なので多少の雨ならウェアとオーバーパンツの上に雨具を着ることもないです。ただそろそろ3年目、ヘタってきたんで今年か来年で最後かも。これでも寒いときは上にさらに雨具を着ますが、その前に路面が凍ってるんで、そんな時はあんまりないです。

20061130h20061130i20061130j

靴は普通のエンジニアブーツ。つま先の鉄キャップが安心で、いつもコレです。事実上の長靴構造なんで隙間風とか皆無。逆にムレるくらい。
靴の中敷は、夏は消臭用、冬は防寒用になります。通年ではシークレットブーツ化というメリットも…w まぁ、ほんのちょっとですが、結構足つくときふんばれるし助かってる。
グローブはプロテクタつきの革製。けっこう厚手。年中これなんで夏は暑いです。
全体に厚着なせいもあると思うけど、これでグリップヒーターの類いが必要と感じたことはないです。

20061130m20061130n

よほど寒いときの装備になるけど、ネックウォーマー。もっぱらはスキーやスノボで降雪中のとき用。吹雪いてるときに雪が肌に付着しないようにするために使ってる。
バイクでは滅多に使わないけど、後頭部というか首の後ろが冷えると頭痛がするので、あまりに寒いときは使ってます。左のはブレスサーモ製品。右のは顔半分かくせるやつ。
まぁ、バイクのときはどちらかというと、寒けりゃタオルを首に巻いていたりしてます。タオルの方が顔洗ったりするときにも便利なんで。あとは他の季節よりメットのシールドのくもり止めをよく使うくらい。

とまぁ、以上の装備でヘルメットをかぶって10メートルもバイクを押すと汗かく。
なので、テントは撤収後、荷物はバイクに積んでから、オーバーパンツとウェアは着るようにしてます。そうしないと出発前に暑さで気持ち悪くなってしまう。

20061130k20061130l

それと…、くしゃくしゃにして持って行ける帽子と指出し手袋。

これがないとメット脱いだあと、なんか落ち着かないんで。
★楽天でオーバーパンツをみる→
★楽天で冬のジャケットをみる→
★楽天バイクでブレスサーモをみる→
★楽天アウトドアでブレスサーモをみる→

この記事についたタグ【 /

バイクキャンプ道具の話 | posted 2006-11-30 at 17:14:26 | Permalink

ソロツーの道具 - その4 番外編

20061130
30センチほどの鉄バサミ(っていうのか?)
炭つかむもよし、ゴミつかむもよし、得体の知れない生き物と闘うのもよし。
ホムセンに100円ちょいで売ってるやつです。

大きさの比較にタバコをはさんでみました。

ホイル焼きしたリンゴや芋を拾うのにも使えます。
貴方のアイディアで使い方いろいろ! (…ってほどのものでもないが)
焚き火するなら軍手といっしょに持ってくと、まぁ便利。

この記事についたタグ【

バイクキャンプ道具の話 | posted 2006-11-30 at 01:03:53 | Permalink

メ モ

机を整理していたらメモが出てきた。何か重要なものらしい。きっと、描いたその時は、ものすごいアイディアだと思ったんだろう…
20061126
さ、おかたづけ、おかたづけ。

この記事についたタグ【 /

その他(近況など) | posted 2006-11-26 at 18:43:00 | Permalink

35万円のガンダム


35万円だって。

横に立ってるの人間だよね。
でかいなぁ。
…中にアシモいれたら動くじゃん。
ホンダとバンダイでタイアップしたらおもしろいのに。

この記事についたタグ【】

気になるモノ | posted 2006-11-25 at 19:23:00 | Permalink

>>本栖湖ソロツーレポ

20061124a
先日の本栖湖ソロツー。

往路:富山I.C.〜糸魚川I.C.〜国道148号〜県道306号〜松本I.C.〜韮崎I.C.〜国道52号〜峡南橋〜県道9号〜国道300号〜本栖湖(330キロ)

復路:本栖湖〜国道300号〜県道9号〜峡南橋〜国道52号(甲西バイパス)〜南アルプスI.C.〜豊科I.C.〜国道148号〜糸魚川〜国道8号〜富山(325キロ)

と、往路と復路ほぼ同じです。
20061124f
白馬から木崎湖へぬける辺りで路肩の雪があり、こりゃ夜になるとヤバイんじゃないの?とか思って時間の調整しやすい走り方になりました。行くときに安全を確認した道で帰りたかったというのもあります。
山梨は天気もよくて気温も高かったんで、もし天候がゆるせばあちこち二泊くらいしてきたかったんですけどね。北陸方面が荒れてきそうだったので峠に雪がつもる前にと…。一泊になりました。この時期になると太平洋側へ抜けるツーリングはいろいろと考えることが増えてきますね。安房ルートをとらなかったのは前々日くらいに神岡で初雪が降ったと小耳にはさんだからです。今のバイクは重いしもし滑ったらと思うとゾッとします。

ほんとは韮崎からは昇仙峡へ行きたかったのですが、また今度ですね。

ちなみに服装は、上半身が下からTシャツ、スプリングセーター、ジャージ、ジャケットで。下は厚手の靴下、インナー、ジャージ、オーバーパンツです。ジャケットとオーバーパンツは共に中綿入りで防水のゴツイのを着てます。高速道路を巡航していてちょうど快適と感じる服装が僕の目安です。

ルート上での気温は、富山が晴れて8度ほど。糸魚川でも同じくらい。白馬から木崎湖間の一番寒いところが3度。豊科へ入ると9度。山梨では13度をこえていたと思う。(当然、夜間はもっと下がります。)

今回一番気に入った道は国道300号でした。のぼっても良し下っても良し。なんか乗り方うまくなりました。紅葉のワインディングで、本栖湖側からだとトンネルをひとつこえたあたりで撮ったのが左上の写真。


20061124b
さて。行きの諏訪S.A.での休憩中の写真です。
いつもよりちょっとだけ荷物が多いです。
そうファイアグリルです。リアシートのベージュの袋に入っているのがそれです。ほんとはツーリング用にはもっとコンパクトになるのがあるんですが。
寒いんで夜は焼き肉でもしようかと思って買ってったんですが、結論からいうとでかかった…。かなりでかかったです。持ってく炭に量にもよるけど、これで3〜4人はバーベキューできそうですね。足が長く高さもあるし、地面はほとんど熱くならないし汚れませんでした。俺は一人だから網の上にいつもの鍋(コッヘル)2つのせて、あいたところで椎茸やら牛肉やら焼いて喰えました。重量2.7kg、対加重20kg(何のせるんじゃ)
20061124c
炭おこしに使ってるのは小型のバーナーです。
20061124d
家の水道管が凍結したときに溶かすのに使ってるやつです。なんだかインチキっぽいですがあるととても楽になります。

20061124e
夜のキャンプの様子。うっすらと誰か見えますがオレです。セルフタイマーで撮りました(バカですねぇ)

今回、利用させていただいた浩庵キャンプ場、ここは直火可だそうで湖畔のあちこちに焚き火の跡がありました。なので、そこから使えそうな炭を拾って焚き火しました。

だからホントはグリルの類いはいらなかったんですが。まぁ…、率直に言って使ってみたかったのですよ、ネイチャーストーブの類いがw

20061124g
ここホントいいとこだわ。
20061124h
トイレ汚かったり自販機がボロボロだったけど、シーズンオフだしな。気になったのは、そのくらい。
20061124i
20061124j
この時期は人少ないのかのびのびできてよかった。
20061124k
紅葉が奇麗でした。

浩庵キャンプ場
http://www8.plala.or.jp/kouan/

夏は…、混むらしいが今の時期のテント泊は俺一人でした。通年営業しているらしい。また行ってみたいところ。

明け方は先にアップした写真のとおり、晴れていて星や月、富士山がとても綺麗でした。
それと動物が結構近くまできていてトイレのあたりとか、夜にライトもって行くと目が光ってる小さい生き物(タヌキ?)がいます。食べ物はもとよりですが、ウェアとかもできればインナーテントの中に入れておいた方がいいかもしれないです。俺のウェアは前室に置いておいたらアタックされてましたw
フライシートの下の隙間から手をいれてひっかいてたみたい。

日の出は今の時期、富士山の左すそあたりからのぼってきます。なんかいい感じです。
ただ…、陽が昇ってくると逆行になるんですね富士山がw
次は順光の富士山も撮ってみたい。

この記事についたタグ【 / / / /

ツーリング、プチツー | posted 2006-11-24 at 20:15:43 | Permalink

>>富士山の写真とか

本栖湖での写真が現像からあがってきました。

20061123as

夜明けちょっと前の本栖湖からの富士山。
上に見えるのはお月さんです。
テントの中から撮りました。

20061123bs

陽が昇ってきたところ。
テントの前にアマチュアカメラマンが二人現れました。休日はもっと多いそうです。
夜明けの時間が一番湖面が静かでした。
湖面に映った富士山が綺麗でした。

20061123fs

朝方は冷え込むのかバイクのシートは夜露が凍って氷の玉がついてました。
手でポロポロひっかいた跡。


20061123cs

朝のVFR。
陽が昇る中、露出をオーバー気味にして撮ってみた。



今回、デジカメしか持って行かないつもりだったのだけど、出かけるときになって急にバックへカメラを押し込んだ。せっかく富士山見るんだし、暇だったらポジで撮ってみようかと思って。持っていって正解でした。周りなんもないし誰もいないしですごいヒマだったから(笑)

20061123es

カメラは仕事で使ってるAXではなく、タフなRTS。撮影枚数カウンターとか壊れてるけど、まだまだ写りは現役。レンズはプラナーT*50mmF1.4。フィルムはコダックの安いポジ、たしかエリートクロームってのだと思う。


富士山はこの後、だんだんと雲がかかってきて、出発する頃には隠れてしまいました。


20061123ds

この記事についたタグ【 / / / / /

ツーリング、プチツー | posted 2006-11-23 at 18:33:06 | Permalink

«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

Back to Top